毛深い女性の悩みとは…

毛深い女性の悩み

私はどちらかと言えば毛深いほうで、髪の毛や眉毛も多いのが中学生の頃からの悩みでした。

 

高校生になってからは、眉毛も毛抜きで処理をしたり口の上のヒゲなども女性用のカミソリなどでケアをしていました。夏は脇や腕、足の手入れもあったので汗だくになりながら処理をして大変だった思い出があります。

 

そして私は皮膚が弱い体質なので、処理をした後に肌が痒くなったりブツブツが出来たりしてそれも大変でした。ローラー式の脱毛機を短大生になってから購入して、処理自体は時間も大幅に短縮されて楽になりましたが、やはり処理後に肌が痒くなったり赤くなったりするのが悩みでした。社会人になり、エステサロンでの脱毛が流行るようになったので、脇の脱毛をすることにしました。値段は高かったですし、1本1本の処置だったので時間は掛かるし痛いしで大変でしたが、3年後くらいにはほぼ処置が完了し、夏の脇処理をしなくていいようになり、気持ちもとても楽になりました。

 

その後30代になってから、肘下膝下、そして鼻下のレーザー脱毛に通うようになりました。レーザーは値段も安いですし痛みもそれほどないので、とてもいい脱毛法だと思いました。そして40代の今はムダ毛を気にすることなく生活出来ています。こう書くと私の脱毛にも歴史があったな〜と思いますが(笑)全て経験出来て良かったなと今は思っています。

関連ページ

男性のムダ毛処理について
世の中の私以外の女性は男性のムダ毛処理についてどういう風に考えてますでしょうか?きっと多くの方は最近は意外と男性がムダ毛処理をする事に肯定的な意見を持っていると思います。
無駄毛処理を楽にできる脱毛
自分でカミソリや除毛クリームを使ったお手入れをして無駄毛処理する人は多いですが、いつでも気軽に誰にも肌を見られず無駄毛を手入れできるとは言えども、その場限りでのお手入れになってしまうデメリットがあります
初の海外旅行で英語が分からない
私は新婚旅行でハワイに行ったのですが、もっと英語を勉強していれば良かったと思っています。初の海外旅行でハワイは結構日本語が通じるところが多いと聞いていたので安心していた
それでも自己処理で頑張りたい
無駄毛処理はどの部位でもやはり自宅で行うものより、エステサロンなどの専門店に通った方が確実かつ丹念で綺麗な処理を行うことが出来ます。

ホーム RSS購読 サイトマップ